さて、私たち風々工房は昨年(2018年)から、4コマ漫画を描き始めたわけですが、色々感じるところもあります。


実感としてあるのは、一度公表(投稿というのでしょうか)すると、作品は作者の手を離れて、読んで下さった読者のものになるということです。


最初は何の反響もなかった私達の漫画ですが、フォロワーが1000人を超えたくらいからコメントをポツポツと頂くようになり、


「このストーリーがこういう風に受け止められるんだ」


とか、


「このストーリーはいける!」


と思ったけどあまり反響がなかったり、また何気なくアップした回に大きな反響を頂いたりと、自分の思うところと、読んでくださる方の捉え方のギャップに驚いたり、悩んだりしたこともありました。


とくに義母との同居編で、嫁の気持ちやストーリーがほとんどなく、非常に厳しいコメントを頂くこともありました。


ただ、そのおかげで現在(2018年1月2日時点)の「ププ解体新書」が生まれたので、ありがたいことです。



なにしろ「漫画を描く」という試み自体初めてだったので、最初の方は「とりあえず描いてみよう!」と始めたのですが、私の原作力、嫁の漫画力が乏しすぎて、とくに初期の方は表現しきれませんでした。



まあ、そのような実力不足の結果、時系列が滅茶苦茶な読みにくい漫画になってしまったんですね(笑)。


時系列を整理して、大幅に修正•加筆を加えて単行本、書籍化するのが2019年の大きな目標だったりします。



私たち風々工房は、旦那の私が原作担当、嫁がデジタルで絵を担当しています。


使うツールも最初はiPadを使ってアイビスで描いていました。


ただ、アイビスはフォトショップのようにピクセル画像なので、小さい画像を大きくするとボヤけてしまったり、最初から大きい画像で描くとデータが大きくなりすぎたりと色々あり、まもなくベクターで描ける、イラストレーターを使うようになりました。


書籍化を考えるとipadではデータの管理が難しいので、今はMacとWacomのペンタブレットで描いています。


そのような経緯があって、画風が初期と後期で違うんですね(笑)。



嫁自身、iPadやMacに触ることも初めてで、アイビス、イラストレーターも独学で勉強して使えるようになりました。


旦那の私もびっくりです(笑)。


描き始めた頃の私達にとって、コメントを頂くということは「宇宙人からの交信を待つ」というくらい奇跡的なことでしたが、今はこんなにコメントをいただけるようになり、本当にありがたいことです。


今や、頂いたコメントを読みながら、


「みなさんの知りたいところはこういうところか・・・」


と原作を書いたりしているので、もはやコメントなしには成立しなかったりします(笑)。


それどころか、頂いたコメントに返信しながら、私自身が自分のことを理解していったので、頂いたコメントがなければこのブログも、何を書いて良いか分からず、始められなかったでしょう。


このブログも、インスタの漫画と同様、皆様との交流の場としていければ、こんなに嬉しいことはありません。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

風々工房(ぷぷこうぼう) 東京出身のププ(嫁)、山形出身の旦那夫婦でインスタ漫画を描いています。 借金のあったププ母の介護、非正規雇用など色々乗り越えて、2018年に秦野市に移住しました。 社会の歯車から離れて、はたして生きていけるのか実験中です(笑)。 もしよろしければ、これまでのストーリーのインスタ漫画もご覧ください。