トウモロコシからコーンスープ

私たちには何人か家庭菜園の師匠がいます。


庭仕事をしていると色々な方々が話しかけてくれて、アドバイスを頂いたり、野菜を頂くこともあります。


先日、そんな師匠の一人からトウモロコシを頂きました。


私はトウモロコシが大好きで、昨年は苗を買ってきてせっせと植えていたのですが、トウモロコシはよく育った1本を残して他の実は摘果しなければならないことを知らず、結局小さくて実が歯抜けのトウモロコシが何本か採れただけでした。


苗1つでトウモロコシ1本ではコスト的に合わないので、今年は作っていなかったのですが、思わぬ形で頂いてありがたいことです。


寒い日のコーンスープは格別で、冬になるとアヲハタのクリームコーンの缶詰を買ってきては、コーンスープをよく作りますが、夏の旬の時期にトウモロコシから作ったコーンスープを飲んだことがありませんでした。


よく行くスーパーの隣にある百均で、いつか使うかもと買っておいたコーンピーラーが家にあったので、せっかく頂いたトウモロコシでコーンスープを作ってみました。




トウモロコシをすり潰して裏ごししたものをコーンポタージュ、裏ごししないで作ったものをコーンスープと呼ぶようです。


せっかくの旬のトウモロコシを使うので、材料は極力シンプルに作ってみました。


材料

  • トウモロコシ3本(実をとったら約500gありました!)
  • 牛乳500cc
  • 玉ねぎ半玉
  • バター適量
  • お塩少々
  • 胡椒少々


インスタントのコンソメは入れたくなかったので、コクを出すために玉ねぎをみじん切りにしてバターで炒めました。


なんと言っても今回のキモは、百均で買ったコーンピーラーで上手くトウモロコシの実をとることが出来るかですが、写真付きで解説していきます。


買ってから久しぶりに見たコーンピーラーですが、割と華奢な感じです。


鰹節もうまく削れなかったし、果たして1回削るだけでトウモロコシの実を取りきれるか自信がなかったので、茹で時間をいつもかじって食べる時よりも長くしました。


イメージ的にはトウモロコシの芯に近い胚芽の部分まで火を通すようなイメージです。





百均のコーンピーラーを使ってみる



トウモロコシを茹でてる間に、玉ねぎのみじん切りを透明になるまでバターで炒めて待機させておきます。


茹で終わったトウモロコシをザルにあけて粗熱をとり、いよいよ初のコーンピーラーです。


しっかり茹でたので、思ったより楽にトウモロコシの実を削れますが、やはり1回では取りきれず、芯に実の1/5位残ってしまう感じです。


ちゃんと取り切れるまで何回かピーラーをかけました。




実際に百均のコーンピーラーを使ってみた印象ですが、トウモロコシをしっかり茹でないと難しいかもしれません。


トウモロコシをレンチンする場合もあるかもしれませんが、芯に近い実の部分まで火を通しておかないと、せっかくの実を取りきれないし、ピーラー自体が華奢なので、数回使っただけで壊れてしまうかもしれません。


百均のピーラーとは言え、長く使うためにも、しっかり茹でて火を通すのが吉です。


はずしたトウモロコシの実を測ってみると492gありました!


ちょっとした缶詰2個分はありそうです。


トウモロコシと同量の牛乳を使いたかったので、牛乳は500cc使うことにしました。


ミキサーに半分の250ccを入れて、トウモロコシの実と一緒によくミキサーにかけます。


私たちはこの後実を濾さないので、なるべくしっかりミキサーにかけました。





仕上げていきます



ミキサーにかけたトウモロコシを、あらかじめ炒めておいた玉ねぎの鍋に入れます。


空になったミキサーに、残りの牛乳250ccを入れてミキサーにかけ、ミキサーに残ったトウモロコシを残さずとり、同じく鍋に入れて弱火でコトコト煮込んでいきます。


この時点で市販の缶詰を使ったコーンスープと見た目は変わらなくなりました。




スプーンでかき混ぜながらゆっくり火を通していくと、なぜか美味しくできるのが不思議です(笑)。


表面が盛り上がってきて沸騰してきたら火を止めて、お好みで胡椒と、味を見ながらお塩を入れて完成です!





また作りたくなる出来でした

我が家のご馳走!自家製ベーコンエッグと頂きます!
我が家のご馳走!自家製ベーコンエッグと頂きます!



さて、初めてのトウモロコシから作ったコーンスープ、一口食べてみると、驚くほど甘くて、すごいトウモロコシ感です。


潰しきれなかったトウモロコシの実がプチプチして食感も面白いです。


玉ねぎやバターも入れましたが、とにかくトウモロコシの存在感が強くて、スプーンの上が丸ごとトウモロコシな感じです。


これは食べ応えもあるし、トウモロコシ好きにはたまりません(笑)。


市販の缶詰を使ったコーンスープとは別物ですね。


自家製ベーコンのベーコンエッグと一緒に食べましたが、朝からちょっとしたご馳走でした。


今日も一日頑張れそうです(笑)。


これはトウモロコシの良し悪しで決まってしまいますね。


見切り品好きの私ですが、トウモロコシは収穫してから日にちが経つと糖度が落ちてしまうので、もしスーパーで買ったトウモロコシから作る場合は、新鮮なものを選びたいと思います。


また作ってみたくなるくらい美味しかったので、我が家のメニューに加えようと思います。


関連記事「手抜きベーコン」