籾摺りと精米

私はアトピー持ちということもあり、食べ物、とくに毎日口に入れる調味料やお米に関心があります。


旦那が言うには、お米は精米したてが一番美味しいらしいので、家庭用精米機を買って、「玄米を我が家で精米できたらいいなー」とよく話しています。


欲しいものリストの上位にある「パンの焼けるオーブン」がまだ実現してないので、家庭用精米機は順番待ちですが(笑)。


秦野市では街道沿いのいたるところに「コイン精米機」がありますが、なんとなく機会がなく、今までのところ利用するには至っていません。



先日パンチさんから、


「陸稲(おかぼ)でよかったら、精米やってみる?」


「田植えの体験とかよくあるけど、お米を食べれる状態にする体験ってあまりないでしょ?」


「過程を知らないと、農業分かったって言えないからねー」


と、お誘いを頂き、籾摺り(もみすり)と、精米を体験させていただきました。
山形育ちの旦那も初めてだったそうです(笑)。



そもそも陸稲という単語を聞くこと自体初めてだったのですが、水田ではなく畑でつくるお米を陸稲と言うそうです。


パンチさんが仰るには、陸稲は「うるち米」と「もち米」の2種類が一般的で、もち米は美味しいものの、うるち米はパサパサして美味しくないので、昔はどこの農家も陸稲は自分で食べる用に、水田でつくったお米は売る用にと分けてつくっていたそうです。


陸稲はあまり美味しくないこともあり、市場にはあまり流通しないとのことです。


そう言えば我が家の隣の畑でも去年陸稲を作っていました。


パンチさんはもともと板金塗装工で、陸稲作りも農協に捨ててあった壊れたもみすり機と精米機を、「修理したら使えるようになった」というのが縁で始めたそうです(笑)。



体験と言っても、私達が機械のセッティングを出来るわけでもなく、もみすり後のお米や、精米後のお米を入れる袋を、押さえることくらいしか出来ませんでした(笑)。


お米の収穫後の過程を見る機会は初めてで、「精米」というのはなんとなく想像できても、「もみすり」は言葉もきいたことがありませんでした。


お米の収穫の過程は、

  1. 稲刈り

  2. 天日干し

  3. 脱穀

  4. もみすり

  5. 精米


とのことです。


今の稲刈り機(コンバイン)は、稲刈りと脱穀(稲からもみ、お米の実を外す作業)を同時にするので、天日干しのかわりに機械で乾燥させてるそうです。


でも、やっぱり昔ながらの天日干しのお米の方が美味しいので、パンチさんのお米は天日干しをしているそうです。


今回私達が体験させていただいたのは、パンチさんが手間暇かけて天日干した後、脱穀したもみの状態からのスタートでした。



もみからもみ殻を外して「玄米」にする作業を「もみすり」と言います。もみすり直後のお米はホカホカして暖かいです。


機械は網の部分で小さいお米をふるい落として、もみすりをやっているようです。この辺の細かいところは、パンチさんもよく分からないとのことでした。



この日は天気は良かったものの、私たちはランニングの途中にお邪魔したので薄着で寒かったです。まだ2月でしたしね。


うるち米、もち米、合わせて20キロのもみすりと精米に約7時間くらいかかりました。


農家の方々の大変さを一端でも感じることができて、非常にいい体験でした。



帰ってから早速炊いてみました。


「陸稲は美味しくないよ」とのことでしたが、精米したてということもあり、普通に美味しかったです。


確かに粘り気が少なく、あっさりしてる感じはしましたが、逆におかずを邪魔しないというか、美味しくいただきました。


おみやげに精米で出た米ぬかを大量に頂きました!


米ぬかには油分があってお肌がしっとりするので、アトピーの私はお風呂に使うように米ぬかをいつも買っています。


本当にありがとうございます!



パンチさん、本当にありがとうございました!






2件のコメント

米ぬかをお風呂に入れると違いますか!?
私と子供達がアトピー持ちで、乾燥肌だからこの時期辛くて・・・
米ぬかなら近所で貰えるから、肌にいいならやってみたーーーい!!

米ぬか効きますよ。
お肌がしっとりしていい感じです。
そのまま入れると掃除が大変なので、お茶パックに入れるのがコツです(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です